根管治療~歯の中の治療(歯の根の治療)

神経まで進行してしまった深いむし歯は、神経を取り除く治療が必要です。
しかし、神経を取り除いてしまえば痛みはおさまりますが、
治療を途中で止めてしまうと、根が腐ってしまったり、歯の状態が悪くなり、
最終的に歯を抜かなければならないこともあります。そのため、当院は歯の根の治療を根気よく丁寧に行います。

歯がズキズキと痛む時は、歯の根の中にたくさんのバイ菌の“すみか”になっていることが考えられます。放置しておくと全体が腐ってしまいます。

治療の流れ

  1. 腐った部分を取り除いて、丁寧にそうじと消毒を繰り返し行います。
    膿が溜まっていたら、膿が出なくなるまで、そうじと消毒を繰り返します。
    ※歯の痛みはこの段階で治まります。この処置が悪かったり、中途半端になると
    症状が悪化したり、脳が溜まることになります。治療途中での中断はリスクがあります。

  2. キレイになったら、歯の中に防腐剤を詰めて、芯になる柱を立てます
    ※最終技工物が出来る前に、治療を止めてしまったり、仮歯のままでいると、
    土台の柱との境目から、むし歯になることもあります。

  3. 被せ物の型をとって、被せ物を接着し治療が完了します