インプラントは「残った歯に負担をかけない」治療法

不幸にして歯を失ってしまった場合に、残った歯に悪い影響を与えない治療方法です。

現在も飛躍的な進化を続けています。

 

インプラントは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作ります。

入れ歯の様に歯茎に義歯を乗せるだけではないため、

使わない顎骨がやせ細るという心配がありません。

 

また、従来のブリッジの様に健全な歯を削る必要がないため、

インプラントを装着後は、痛みや違和感を伴わず、歯本来の機能を保つことができます。

インプラントの構造

~Nobel Biocare[ノーベルバイオケア社]

  • 自分の歯のように、食べ物を噛みたい
  • ブリッジ(健康な歯を削って修復物を取り付ける方法)はしたくない
  • 入れ歯をいれたくない

 

自分の歯に限りなく近い状態で、義歯を埋め組む治療がインプラント治療です。

インプラント治療はオペ(手術)が必要な治療のため、

患者さんのご要望をお伺いした上で治療計画を立てます。

メインテナンスで、末永くお使い頂けるインプラント

インプラントは、歯の根の代わりとなる支柱を顎の骨に埋め込みます。

骨の密度や神経の通り方によって、埋入方法は異なります。

その人に合わせて、支柱の選択も変わることがあります。

口腔内全体の状況はもちろん、患者さんの健康状態を十分に考慮して、

綿密な検査、診断を経て、治療計画をたて、患者さんの合意の元、オペに取り組みます。

インプラントは安全に手術が終わってからも、メインテナンスを定期的に行うことで、

長期に渡って、歯が蘇った喜びを味わって頂くことができる治療法です。

下顎にインプラントを埋めたシュミレーション

~Nobel Biocare[ノーベルバイオケア社]