根管治療の講習会(JHエンドシステム)

エルム駅前歯科クリスタルbackbgound0059-歯科医院-歯医者-旭川-インプラント-ホワイトニング

歯内療法の基本を再度見直す

JHエンドシステムの草案者、平井 順先生から歯内療法
とりわけ根管形成の理論と実践、および「患者自身の中心位」
を探る咬合治療の重要性を学びました。

臨床の究極の目標は、自分の施した治療の予後が長期的に安定していること、
その技術に高い予知性が得られることと言えます。
歯内治療は、臨床において特に痛みや不快感を伴う事が多く、これを
短期的で速やかに解消し、良好な結果を得ることは、患者様との深い信頼関係に直結します。

こうした目標を達成するためには、
根管という限られた範囲をテクニックのみでカバーすることは不可能です。
症状の分析、根管の三次元的形態の確認、咬合との関係、補綴処理への
スムースな移行といった必要な諸条件を充分に考慮した上で、確かな診断のもとに
無駄のないシンプルな治療システムが必要となってきます。

歯内療法の基本を再度見直し、成功に導くためのポイントを
臨床で頻発するケースを例として、講習と実習から学びました。

関連記事

  1. 97歳!お誕生日の検診

  2. COVIT19ウィルス抗原検査

  3. 研修のお礼

  4. 一足早いバレンタイン

  5. 薫風舎へPart.2 エゾリスと

  6. エルム駅前歯科クリスタルbackbgound0052-歯科医院-歯医者-旭川-インプラント-ホワイトニング

    エルム駅前歯科医院PMTCサイトのご紹介