多様化と複雑さが増すインプラント治療

インプラント歯科は、全部、または部分欠損のある患者さんに対して、

口腔機能のリハビリテーションにおいて、標準的なケアになるまで進歩しました。

  • 臨床的側面
  • 技術的側面

この両面が進歩することで、インプラント治療が適応される機会が大きく増えました。

歯科医もこインプラントに携わる機会が増え、患者さんに対する治療の複雑さも増加しています。

そのため、今インプラント歯科分野に求められる歯科医は、

適切な治療レベルの外科、補綴治療を提供することができる人材がこれまで以上に求められています。

 

 

臨床状況によって、インプラントの難易度は様々で、

  • 審美
  • 補綴
  • 外科的合併症のリスク

の程度も、個人個人バラバラのため、高いレベルのインプラント臨床医が求められるのです。

インプラント治療を計画する上で、臨床医が適切な症例を選択していくことは大切です。

高いスキルに加えて、多くのインプラント経験が適切な対応の礎となっています。