予防歯科の講習会に参加

CAMBRA

今日は東京上野の株式会社ヨシダにて開催されたCAMBRAの基礎編の講習会に参加しました。
いままでの歯科は戦後虫歯の多い日本で削って、つめるばかりでしたが、
いまの日本に必要な歯科医療は、どうして虫歯になったか?という原因をきちんと考えて、
できるだけ虫歯にならないようにしていくのが大切と思います。

予防歯科の発達するアメリカのフェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。
California歯科医師会とCalifornia大学San Francisco校(UCSF)との共同により開発されました。
フェザーストーン教授は、過去40年間にわたりう蝕学における複数の領域の研究を行ってきました。
現在は、リスク評価に基づくう蝕管理(CAMBRA)の推進に世界各地で取り組んでいます。

アメリカの歯科大学の65校のうち40校が導入しています。
これを当医院の予防歯科部門に導入して旭川市民の虫歯を減らすことに少しでも貢献できればと思います。

CAMBRA™とは? リスク評価&処置がひとつになった世界基準のツール
日本の予防歯科の新スタンダードとなる成人向けのう蝕管理「CAMBRA™」。
エビデンスに基づき、過去のう蝕経験や唾液量等から患者さん一人ひとりのう蝕リスクを評価し、
それに応じたリスクを引き下げる為の処置までがすべてプロトコル化されているのが最大の特徴です。
John D.B. Featherstone Ph.D. M.Sc. カルフォルニア大学サンフランシスコ校 歯学部長
予防・修復歯科学分野 教授 米国歯科学会 名誉教授 / 米国歯科医師会
終身名誉教授のう蝕予防管理方法「CAMBRA™」 提唱者フェザーストーン教授

関連記事

  1. アメリカインプラント学会1

    アメリカのインプラント学会参加

  2. 美瑛にサイクリング1

    美瑛へサイクリング

  3. マイクロエンドセミナー実習会[埼玉の講習会]に参加

  4. 日本口腔インプラント学会

    日本口腔インプラント学会に参加【東京】

  5. インプラント口腔医学会1

    アジア.パシヒィック アカデミーインプラント口腔医学会

  6. エルム歯科のドクターでサイクリング2

    エルム歯科のドクターでサイクリング