インプラントの構造

インプラント (人工歯根)の治療は、歯を失った部分の顎骨をていねいに削り、

支柱となるインプラントを埋め、その上に人工歯を固定する治療方法です。

 

インプラント は、顎骨と結合する素材でつくられているため、

天然歯とほぼ同じ機能と感覚が回復できます。

インプラント とは、天然歯と変わらない機能をもった歯と言えます。

歯は歯冠(しかん)と歯根(しこん)で構成されます。

 

歯根がなくなる、旧来の治療法を適用すると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、

残った健康な歯が移動するなどの問題がありました。

インプラント は、このような問題も解決してくれます。

インプラント手術は1回法と2回法があります

【2回法の場合】

 インプラント、アバットメント、人工歯冠で構成されます

【1回法の場合】

 インプラント、人工歯冠で構成されます

 

  1. あごの骨
    天然の歯は強靭な繊維組織で骨と歯根が結合されています。インプラント も同じように繊維組織によって結合がなされます。
  2. インプラント 
    歯根の代わりをする土台です。
  3. アバットメント
    あごに埋まったインプラント に人工歯冠を固定するための土台です。
  4. 歯肉
    歯肉がインプラント を包みこむため、外見上、金属など見えず自然です。
  5. 人工歯冠
    患者さん一人一人適した、人工歯冠を作ります。